風邪・インフルエンザ対策

毎年冬になると、風邪やインフルエンザが流行します。そんな時季に大活躍してくれるのが加湿器!普段は乾燥などあまり気にしたことがない人も、風邪やインフルエンザが流行しやすいときには加湿器を使おうと思う人が多いのではないでしょうか。ここでは、加湿器による風邪・インフルエンザ対策の説明をしましょう。

風邪・インフルエンザ流行の原因

毎年冬に、風邪やインフルエンザが流行しています。ですが、どうして1年のうちで特に冬場、風邪やインフルエンザにかかる人が多いのでしょう?それには、ちゃんと理由があるのです。ここで、これらの病気が冬に流行する原因を見ていきましょう。

ウィルスは乾燥に強い!

風邪・インフルエンザのウィルスは、乾燥した場所や低温の場所を好み、活発になります。このことから、気温・湿度ともに低くなる冬になると、ウィルスが元気に活動し始め、多くの人が風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまうというわけです。

粘膜はウィルスが好きな場所!

笑顔の女性

冬は暖房の効いている室内にいると、私たちの喉や鼻といった粘膜も乾燥しがちになります。こうして粘膜から直接感染するので、油断大敵です。ウィルスは、乾燥しているすべての場所を狙っているので、注意しなければなりません。


風邪・インフルエンザ対策を!

いつの時代も「風邪は万病のもと」と言われ、インフルエンザは新型が発生するなど、ますます怖い病気となっています。みなさん、冬は風邪・インフルエンザ対策に必死になっていることでしょう。そんな時季に役立つのが、加湿器です。

キレイな空気に!

ご存知の通り、イガイガしている喉に潤いを与えてくれる加湿器ですが、効果はそれだけではありません。湿度を上げるとともに加湿器から出る水蒸気が、空気中に漂っているウィルスを取り込んで、最後には床に落ちていきます。加湿器は空気をキレイにする役割を持っているということになりますね。ウィルスを含む空気中の浮遊物をキャッチしやすくするために、加湿器はできるだけ高い位置に置くことが好ましいと言われています。

万全の予防を!

ソファーでくつろぐ女性

インフルエンザにかかったのをキッカケに、加湿器を購入したという人も多いですね。加湿器を使い始めてからインフルエンザはもちろんのこと、風邪も引きにくくなったという声をたくさん聞きます。みなさんもぜひ風邪・インフルエンザの予防に、加湿器を役立ててください。

風邪・インフルエンザに有効な機能

さて、風邪・インフルエンザ対策には、どんな機能付きの加湿器が適しているのでしょうか。今は、様々な機能付きの加湿器が発売されているので、よく吟味して風邪・インフルエンザ予防に高い効果が期待できそうなものを選びましょう。そこで、おすすめなのが喉を潤すのに適したモードに設定することができる加湿器です。適切な温度と湿度を自動的に計測し、空気中の水分量を喉に程よい感じに保つ機能が搭載されています。風邪・インフルエンザ対策としてだけではなく、もともと喉が弱い人にも向いています。

発症後にも効果的

もちろん、加湿器は風邪やインフルエンザにかかってしまったあとも、効果を発揮します。室内が乾燥したままの状態だと、余計に咳き込みやすくなったり、鼻も一層乾燥してしまいます。特に夜は気圧の変化もあり、咳がひどくなることが多いため、できれば寝ている間も付けていられる加湿器がいいですね。加湿器を付けているのと付けていないのとでは、回復の早さも違うようです。

引きかけにもおすすめ!

風邪を引きかけのときは、加湿器でできるだけ室内の湿度を上げて暖かくしておけば、そのまま治ってしまうことがあります。風邪を引きやすい体質の人は、ぜひ加湿器を活用してみてください。

加湿器の種類のカテゴリーへ
購入時のチェックポイントのカテゴリーへ
使用上の注意点のカテゴリーへ
加湿器の効果のカテゴリーへ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 加湿器の手引き All Rights Reserved.