フィルター

加湿器は、その加湿方式によってフィルターが必要になります。フィルターが必要なのは、気化式加湿器とハイブリッド式加湿器で、定期的なお手入れも欠かせません。ここでは、色々とトラブルの多い加湿器フィルターについて説明していくことにしましょう。故障なく使い続けるため、フィルターに目を向けることも大切です。

お手入れの重要性

加湿器

加湿器に使われているフィルターは、定期的に手入れをしていかなければ、目詰まりを起こしてしまいます。目詰まりを起こしてしまうと、厄介なことに加湿器の動きが悪くなるばかりか、悪臭が漂ってくる場合もあります。 美容・健康のために使っている加湿器が、体に悪影響を及ぼすことになってしまっては大変です。定期的なお手入れを怠り、フィルターにカビが繁殖してしまうと、その胞子が室内全体に広がるおそれがあります。それを防ぐためにもタンク内だけではなく、フィルターも時々きちんと取り外し、汚れ具合をチェックするようにしましょう。

お手入れ方法

加湿器の種類によって、フィルターの掃除方法が少し違う場合もありますが、基本的な方法を紹介しようと思います。ちなみに、掃除をした後のフィルターは少しくらい水気が残っていても、そのまま加湿器にセットして大丈夫です。

普通のフィルターの場合

フィルターを加湿器から取り外したら水またはぬるま湯に浸して、約30分間、つけ置き洗いをしましょう。もし説明書に何か指定の洗剤などが書かれていれば、その洗剤を使ってもいいですが、そうでない場合は、変色・変形防止のためにもむやみに洗剤などを入れないようにしてください。汚れが取れたらキレイな水ですすぎ、余分な水気を軽く切りましょう。

除菌ユニットの場合

加湿器によっては“除菌ユニット”と呼ばれるフィルターが付いています。この除菌ユニットには特殊加工が施されていて、水を除菌します。除菌ユニットの場合は普通のフィルターとは違い、加湿器専用の洗剤またはクエン酸(10グラム)を水か、ぬるま湯(2リットル)で薄めたものを使います。なお、クエン酸が手元にない場合は食用酢を代用して構いません。約30分間、つけ置き洗いをしましょう。汚れが取れたらキレイな水ですすぎ、余分な水気を軽く切りましょう。

交換時期

部屋の空間

加湿器の種類によって多少の違いはありますが、フィルターの交換時期の目安はだいたい半年となっています。ですが、半年経っていなくても、下記のような状態になっている場合は交換をおすすめします。 気付いたとき、いつでもフィルター交換ができるように、あらかじめ予備のフィルターを用意しておきましょう。

1. ニオイがなかなか取れない。
2. 白いかたまりが取れない。
3. 傷みや型崩れがひどい。
4. 変色や汚れがひどい。

今はフィルターが何重にも取り付けられたりしていて、10年近くも交換しなくていいものなどに人気が集まっていますが、良い状態で使い続けるためには、日頃のお手入れが大事になります。

これで掃除が楽!

水

水道水に含まれている塩素がタンク内に残ると、白いかたまりとなって付着します。それが水アカの原因ともなり、フィルターの汚れにつながります。様々な加湿器の中には、この白いかたまり(カルキ)を回収し、水を清潔な状態に保ちながら水アカを抑えるというシステムを採用しているものがあります。これによりフィルターが汚れることも少なく、掃除の回数を減らすことができるというわけです。

また、水アカ除去カートリッジ搭載などは加湿器の機能として、今や当たり前になっていますね。ですが、そのような機能は、あくまでも掃除の手間を軽減する手助けをするためのものだということを忘れないようにしましょう。

加湿器の種類のカテゴリーへ
購入時のチェックポイントのカテゴリーへ
使用上の注意点のカテゴリーへ
加湿器の効果のカテゴリーへ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 加湿器の手引き All Rights Reserved.