仕組みで選ぶ

湿度が低く、乾燥が気になる時季に欠かせない加湿器は、その仕組みによっていくつかの種類に分けられています。それぞれ加湿のスピードや消費電力などが異なるので、各特徴に応じた使い方をしましょう。ここでは、仕組みによる加湿器の種類を紹介していきます。

スチーム式加湿器

スチーム式加湿器は、加熱式加湿器とも言われ、ヒーターによって加熱・沸騰された水が蒸気となって排出される仕組みになっています。蒸気が勢いよく噴き出すので、加湿されていることを目で確かめることができます。比較的使用時間が短い人におすすめです。

利点

スチーム式加湿器は、加湿力が高くて短時間で効果があらわれます。そして、一度室内が暖まると、温度が下がりにくいという特徴があります。さらに、水が煮沸消毒されるため、衛生面も安心です。

欠点

家族

スチーム式加湿器の欠点としては、加湿量が多いため、消費電力がわりと大きい点が挙げられます。このことから、長時間の使用にはあまり適していません。このほか、加湿が始まると蒸気の噴き出し口が熱くなるので、ヤケドには気をつけましょう。特に小さな子供がいる家庭では、十分な注意が必要です。

気化式加湿器

気化式加湿器は、ヒート(ヒーター)レスファン式加湿器とも言われ、ファンで水分を含んだフィルターに冷風を当てることで水を気化する仕組みになっています。加熱しないので、蒸気は出ません。この気化式加湿器は、長時間使う人におすすめです。

利点

気化式加湿器は、蒸気が出ないので噴き出し口が熱くなりません。そのため、小さな子供がいる家庭での使用も安心です。また、送風のみの消費電力のため、省エネにもなります。

欠点

ソファー

気化式加湿器の場合は、加湿力が弱く、短時間では効果が期待できません。この加湿力の弱さは欠点とも言えますが、室内に少しずつ湿気が広がるので、1日中加湿器をつけていたい…などという人にとっては便利ですね。このほか、ファンの音も少し気になるでしょう。

ハイブリッド式加湿器

ハイブリッド式加湿器は、加熱気化式加湿器とも言われ、スチーム式と気化式を組み合わせた仕組みになっています。湿度が低いときは水が加熱することで水蒸気を出し、湿度が安定した頃に、フィルターに含まれる水分を冷風で気化するように切り替わります。

利点

湿度の状態に応じて、加湿方式が自動で切り替わるハイブリッド式加湿器は、効率の良さが大きな利点として挙げられます。省エネに役立つだけではなく、湿気を含んだ風が出るだけで噴き出し口は熱くならないため、安全です。さらに、品数の多さも嬉しいですね。

欠点

リラックスして新聞を読む

他の種類の加湿器よりも、多少高価なのが欠点と言えるでしょう。その上、気化式加湿器に比べると、電気代もかかります。ですが、効率性を考えれば、少しくらいお金がかかるのも納得できることかもしれません。


超音波式加湿器

超音波式加湿器は、その名の通り超音波の振動によって、細かな霧状になった水が排出される仕組みになっています。超音波式加湿器そのものがコンパクトに設計されていて、デザイン家電として、多くの人に親しまれています。

利点

部屋でパソコン

消費電力が小さいわりに、高い加湿力を持っています。また、ファンが使われているにもかかわらず比較的静かな音で、熱い蒸気も出ないため、安全に使うことができます。コンパクトサイズでデザイン性も高いことから自宅に限らず、職場のデスク上でも重宝します。


欠点

超音波式加湿器の欠点としてよく言われるのは、水が加熱されないのでタンク内をこまめに掃除しなければ、蒸気に雑菌が混ざりやすいことです。加えて、水道水に含まれているミネラル成分も蒸気と共に出てしまうため、タンク内に白い結晶が付くこともあります。

加湿器の種類のカテゴリーへ
購入時のチェックポイントのカテゴリーへ
使用上の注意点のカテゴリーへ
加湿器の効果のカテゴリーへ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 加湿器の手引き All Rights Reserved.