加湿器病

最近は冬場に限らず、春や秋など、花粉が飛ぶ季節にも加湿器を使う人が増えています。それに伴い、「加湿器病」にかかる人も急増中と言われています。加湿器は私たちに様々な効果をもたらしてくれますが、使い方によっては病気を引き起こす可能性もあるのです。「加湿器病」とは、一体どのような病気なのでしょうか?

どんな病気?

加湿器病…この病名を聞いたことがありますか?別名を「加湿器肺」とも言います。最近、患者数が増えているといいますが、まだどんな病気なのか知らない人もいるでしょう。加湿器病とは、加湿器に使われている水によって、肺にダメージを与えてしまう病気です。

原因

水

もともと水の中には、雑菌や微生物などが含まれています。それは水道水にも言えることで、除菌機能が付いている加湿器でなければ、蒸気や温風とともに水分中の雑菌なども噴き出してしまいます。その不衛生な蒸気・温風が原因となり、加湿器病を引き起こすのです。また、除菌機能が付いていても100%キレイに除菌できるわけではないので、注意しなければなりません。

主な症状

療養中の女性

加湿器病の主な症状は、風邪に似ています。咳・たん、胸の痛み、発熱、全身の倦怠感、悪心などが挙げられます。健康管理のために加湿器を使っていたのに、風邪を引いてしまった…と思っているあなた!それは、加湿器病かもしれません。 専門用語では「過敏性肺(臓)炎」と言い、呼吸器系アレルギーの一種になります。多くの場合、咳の症状が見られ、最初のうちは風邪と思っていると、その咳は激しくなって喘息の発作のような状態になります。それでも放置していると、アレルギー反応がより強くなり、呼吸困難に陥る場合もあります。

治療法

咳や発熱などの症状から加湿器病が疑われる場合は、病院で検査を受ける必要があります。症状が軽い場合や、以前から加湿器を使う時季になると、同じような症状が繰り返しあらわれるという場合も受診することをおすすめします。この病気は、何度も繰り返し発症しているうちに、肺が正常に機能しなくなってしまう可能性もあります。また、小さな子供などが発症すると、重篤な感染症を起こす場合があるので、注意が必要です。

一般的な検査法

白血球やC反応性タンパクの数値を調べるための血液検査、肺活量を調べる肺機能検査、それから胸部のレントゲン検査を行います。それらの検査結果から、加湿器病かどうかを判断します。症状が出るかどうかをしっかり確認するために、一度入院して症状が消えた頃に、自宅に戻るというようなことをする場合があります。

一般的な治療法

加湿器病に高い効果のある、特別な治療法というものはありません。病気の原因と思われる物質を遠ざけること…それが一番の治療法になります。そのため、何か特別な治療を行うわけではなくても、入院の措置が取られることも少なくありません。そのほか、発熱や咳などの症状には対症療法が施されます。 症状が治まっても、加湿器を使い続けていると再発するおそれがあるので、注意しましょう。

予防法

健康のために使っていたはずの加湿器が、健康に悪影響を与えていた…なんて、嫌ですよね。厄介な加湿器病を予防するにはどうすればいいのでしょう?乾燥する時季は、加湿器の使用を止めるわけにもいかないので、とにかく加湿器をこまめに掃除することが、一番の予防法になります。使う都度、きれいな水に取り替え、タンク内の清潔を保ち、フィルターの定期的な交換も忘れないようにしましょう。 エアコンの真下に加湿器を置かないようにすることも、予防法の1つとして挙げられます。冬に暖房の温風が直に当たる場所に加湿器を置くと、その場が常に湿った状態になり、カビが発生するのです。ちなみに、カビに関する詳しいことは【部屋のカビ】のページを参照してください。

加湿器の種類のカテゴリーへ
購入時のチェックポイントのカテゴリーへ
使用上の注意点のカテゴリーへ
加湿器の効果のカテゴリーへ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 加湿器の手引き All Rights Reserved.